はしくち京子社労管理事務所

menu

はしくち京子社労管理事務所ブログ

  • 夢のような2

    2017年07月05日

    ドイツ旅行の思い出として、タイトルをなんとなく「夢のような」にしたのですが、あれから1カ月。毎日毎日仕事に追われ、本当に夢のような・・

    今となれば行ったことがウソのような気分です。どさくさに紛れて行ってよかった・・

    今回は友人の娘が間借りをしているマーガレットの家の話です。

     ここには、5日間もお世話になりました。大家さんのマーガレット。おおらかですっごくいい人です。

    ここで飼われている犬の「ニッキ-」が今日の主人公。

    なんと、初日の夜からニッキーは、動物大好きな私と心が通じたのか、私の部屋のベッドの下に寝ていました。これにはマーガレットもびっくり。

    それから滞在中も毎日のように、夜中に寝にくるのです。

    とんでもなくかわいいニッキー(涙)

     それから、だんだんとドイツの滞在期間が少なくなるごとに、私はニッキーとの別れが辛くなっていったのです。(涙)

     

    そして、そして・・・

    私が帰国してからも、ニッキーは、夜中に私が寝ていた部屋に行って寝ているそう。(涙)まるで、忠犬ハチ公のようではないですか!

    ニッキー!

    また会いに行くよ!

     IMG_3669

     

     

  • 夢のような

    2017年06月23日

    5月末から6月始めにかけてドイツへ行ってまいりました。

    毎日あっちこっちに遊びに行き、毎日毎日お腹を抱えて大笑いして。

    おかげさまで、最高に楽しい旅でした。

    少しずつ思い出しながら、ドイツのいい所をご紹介したいと思います。

    IMG_3555 アウグスブルグ美術館

    (元宮殿)一番奥にある部屋

    ドアを開けた瞬間、ぞわ~っと鳥肌が立ちました。

     

  • またもや

    2017年05月29日

    日曜日に畑へ行き、またもや「ブヨ」にやられました。

    完全防備なのに、一瞬ゴム手をはずしたところを狙われたようです。

    おかげで、手が赤子のようにぱんぱんに腫れています。

    IMG_3477

    熱を持ち、寒いときにはこの手で暖をとれるほど。

    「ブヨ」って、何者よ。小バエくらい小さいくせに、こんな猛毒をお見舞いするなんて!虫のなかで最低じゃないか!!

     

    そんな中、ゴスペル「モゼーズ」ライブに行ってしまいました。本当このグループはすごいです。

    ハイレベルな人達が集まるとものすごいことになるのですね。もう楽しくて、楽しくて2時間があっという間でした。

    手を腫らし、気持ちは明日のドイツ行きで、いっぱいいっぱいでしたが、それでも本当に行ってよかった。

     IMG_3476

     

  • いよいよ

    2017年05月28日

    いよいよドイツ行きが迫ってきました。

    先週までは比較的どんよりしていましたが、飛行機に乗ってしまえばもうどうすることもできないよね。というあきらめの気持ちになってきました。

    みんなから、「気をつけて行ってらっしゃい!」と暖かい言葉をもらい、父や姉からは、お餞別までもらいました。(涙)しかも、父に至っては、一緒に行く友人の分まで!「五つ子の母ちゃんにもやれ!」と。(正確には三つ子なんだけど 笑・・・)

    みんなありがとう!

    IMG_3474

    伸びてるこの人がうらやましい・・

     

     

  • mother’s day

    2017年05月11日

    娘から母の日のカーネーションが送られてきました。

    スタッフ加治屋が宅配の方から受け取ってくれたのですが、配達のおにいさんも「お花のお届けです!」と、ニッコニコだったそうです。本人留守してた・・(泣

    ありがとう!娘!

     IMG_3457

    ドイツ行きまで、あと3週間を切り、ついこの間まではガイドブックなどを見ながら、まるでもう行った気分になり、浮かれていたのに・・・今、現実を突きつけられ、ちょっと憂鬱です。

    家や事務所で飼っている動物関係のこと。もちろん仕事のことも。

    行けるのか?私・・・(汗)

     

     

  • アレルギー性ぜんそく

    2017年04月04日

    のどの痛みから始まり、くしゃみ、はなみずが続き・・・

    声もがらがらで、おまけに今日からは咳まで止まらなくなり、とうとう風邪をこじらせてしまったと、病院へ行きました。

    初めて行く○○内科。

    この1週間の自分が感じる風邪の症状を説明すると、その先生曰く、はい。あなたの持病を教えてください。

    私「は?と、特にはありませんけど・・」

    先生「あなたは、アレルギー、ぜんそく、胆嚢もよくないです。」

    私「???」

    先生の説明では、私は胆嚢の働きが悪く、体が弱っているところから扁桃腺が腫れて、だんだんアレルギー性のぜんそくが出て、ぜろぜろ咳が出ているらしい。

    何もかも初めて聞くことばかりで、何がなにやら・・

    でも、この先生、普通の内科の先生とはどうも様子が違う。でも、ここが痛いでしょ?とお腹や脇腹を押されると、ピンポイントで痛いのです。

    先生の言うことを素直に聞いて、どうしたらいいかと教えてもらいました。

    豚や牛肉の脂はできるだけ摂らないこととラーメンのスープを残すこと。

    「はい!わかりました。」

    ぜんそくやアレルギーって、突然なるものなのですね。

    思いつきだったけど、この病院に行ってよかった、かも・・

  • こどもの詩

    2017年04月03日

    bookfan_bk-4120049655[1]

    長年私は読売新聞を購読しているのですが、こどもの詩のコーナーが好きで、毎日チェックしては、時々お気に入りを切り抜いたりしています。

    この度、このこどもの詩が五十周年を記念して、年代ごとに選ばれた詩が本になりました。

    小さい子は小さい子なりに、素直な言葉がとてもかわいくて、心が温かくなります。

    10年ほど前になりますが、私が一番好きで書き留めていた、小学5年の女の子の作品を紹介します。

     

    「私の生まれた日」

    ヨットが海をすべるころ

    赤とんぼが空に飛び立つころ

    みんみんぜみが泣きつかれるころ

    れもんのような夕日がくれるころ

    いっぱいの愛につつまれて

    私は生まれてきた

     

  • お別れ

    2017年03月26日

    大好きなお客様と突然のお別れがきてしまいました。

    つい先週も、三重から事務所へ寄ってくださり、いつもの楽しいお話と、いつものランチを楽しみ、いつもどおりに笑顔でお別れをしました。社長は私がお勧めした映画を観に行くと言って・・

    そして、絶対にまた次があると信じて疑いませんでした。

    今思えば・・社長はお別れのご挨拶に来て下さったのかなと思うのです。

    つい先日、会社設立15周年の記念誌が出来たばかりで、私はその中に「祝辞」を寄稿させて頂きました。その内容は、難しい言葉は使っていませんが、私の正直な気持ちをそのまま書きました。それをそのような形で社長にお伝えできて本当によかったと思っています。

    今、社長とお会いできないのは本当にさびしいです。でも、私が出来ることは何だろう?と考えると、これから会社の今後のために私がお手伝い出来ることを全力でさせてもらうことだと思います。

    それが社長の願うことかな?とも思っています。

    そうそう、5月には、社長が「先を越された~」と悔しがってましたけど、ドイツの負の遺産、ダッハウ強制収容所へも行ってきますね!

    会う人、行くところ、何かの縁があって、全て意味のあるものだと思うのです。

    社長とご縁があったことを心から感謝しています。

     

  • ローカルフード

    2017年03月25日

    鹿児島のローカルフードのひとつに「あく巻き」があります。

    全国的な節句で食べる「ちまき」とは少し異なり、竹の皮に餅米を入れて、木などを燃やして出来る灰から出る灰汁で煮るという・・・ど、どうしてそんな灰の汁なんかに浸けるという発想を?いつ、誰が思いついたのか?

    それまでは、「あく巻き」にほぼ関心がなく、買ってまで食べることもなかったのに、昨年お客様から手作りのものを頂き、それがおいしくてはまってしまったのです。

    でも、まさか自分で作る日が来るなんて・・・(感涙

    聞くところによると、作るのが面倒なので、田舎の方では五右衛門風呂のような大釜でいっぺんに作るらしいです。と言っても、最近では、灰から作らなくても「あく汁」が売っているし、圧力鍋を使えば1時間程度で出来てしまいます。

    そして出来たのがこれ。

    IMG_3411 IMG_3412 おいしく出来ました!

    灰汁に米を浸けるとか、竹の皮で包むのも保存食という意味では、昔の人の知恵なのでしょう。薩摩藩が、戦の際に、保存のきくあく巻きを持って行って、体力を保ち勝ち続けられたらしい・・・昔の人はすごいです。

    そして、私は、ただおいしいという理由だけで、しばらくは作り続けそうな予感です。(笑)

     

     

     

     

     

     

     

  • 第2回鹿児島マラソン

    2017年03月05日

    17022359_2213487332208894_6472057105153312352_n

    もう一年が経つんですね。

    今日は、第2回目の「鹿児島マラソン」の日でした。

    天気予報が見事にはずれて、朝から雨・・雨・・・

    姉は2度目の参加です。

    15㎞時点で、とても走っている最中とは思えないほど、息も上がっていない状態で電話があって、安心したのもつかの間。雨脚がどんどんひどくなり、冷たい雨が降り続き・・とっても心配でした。

    数時間後に、とうとう無事に完走できたとの連絡があって、心からホッとしたのですが、会ってみると、姉の唇が青紫色に!!(涙)レースの過酷さを物語っていました。

    もう本当にお疲れさまでした。

    きっと、姉のことだから、打ち上げやら何やらで、明日はまた朝から元気に仕事をするのでしょう。

    とてもそのような根性も体力も精神力もない妹は、そんな姉を心から尊敬します。

     

お問い合わせ・アクセス

お問い合わせ・ご相談は電話にて受け付けております。 給与計算のご相談・就業規則の作成等、お気軽にお問い合わせください。

TEL
099-298-9411
住所
〒892-0841
鹿児島市照国町6-17 中園ビル1F
連絡先
TEL:099-298-9411
FAX:099-298-9412
アクセス
「天文館通駅」下車 徒歩12分